メンタル系

どうやってうつ病で休職したの?僕の場合を教えます。

こんにちはしょーびです。朝から食欲がなくてずっとVAAMウォーターを飲んでいます。

VAAMさえあれば生きていける気がする。

さてうつ病というか抑うつ状態で休職中のしょーびですが、結構どうやって休職したのかを知りたがっている人がいるみたいなんで、

僕の場合どうやって休職したのか、その流れを話していきたいと思います。

くれぐれも悪用しないでほしいのと、

あくまで僕の場合なんで、これで絶対休職できるとかそういう方法ではないです。

でも、参考になることもあるかもなんでとりあえず書いていきますね。

どうやってうつ病で休職したのか

まずは僕がどのように休職したのかその流れを書いていきます。

いじめや理不尽な配置で悩んでいた。

研修も終わり本配属となって、数ヶ月が過ぎていました。

しかし、営業とは名ばかりで、やっていることは倉庫番や人手不足のラインの手伝い。残業をすることも多かったと記憶しています。

しょーび
しょーび
一体僕はいつになったら営業の仕事をさせてもらえるんだろう

そんなふうに毎日悩んでいました。

それを続けること半年、ようやく営業のしごとに戻してもらえることになりました。

よし!ここからがんばるぞと意気込んだのもつかの間、そこで待っていたのは事務所内でのいじめでした。

大人でもイジメをするの?大人が行うイジメも小学生レベル?ついに始まりましました。そうです、陰湿なイジメ。 この会社はあまりそういった洗礼がなくていいかな?なんて思ってたんですけど思い過ご...

仕事ができないように邪魔されたり、永遠とミスを責め続けられたり、パソコンを使うと嫌味を言われたり…

今思えば相手がアホなのですが、その時の僕はナゼかシュンとしてしまったのを覚えています。

私の上司は実質的な会社のNo.2なのでそのことを相談したら帰ってきたのは

上司
上司
それはみんなコミュニケーションを取ろうとしてるだけだよ!

仲良くしてあげて!

と、なんとものんき極まりないものでした。

しょーび
しょーび
なんのために会社に入ったんだろ

そんなふうに思い悩んでしまいました。

体調を崩すことが多くなり会社を休みがちになった

理不尽な配置で悩んでいた頃から体調を崩すことが多くなりました。

まず起こったことがどうしようもならない腹痛でした。20分に一回はトイレに行くようになり仕事になりませんでした。

朝なんとか会社に行きトイレに篭り、また仕事に戻ってもまたトイレに篭り…

そんなことを繰り返していました。

あまりにも良くならないので病院に行きました。原因はストレス性の胃腸炎でした。

そこで一度目の休職をしました。

会社から離れれば胃腸炎はすぐ良くなりました。それで楽しい休職期間を満喫し、リフレッシュも十分にし会社に戻りました。

そこから間もなくでしょうか、営業の仕事をするようになり、その頃からいじめが始まりました。

なんでこんな目に合うんだ。学校じゃなくてもこんないじめがあるのか。

こんなふうに思い悩んでいました。

するとまた体調を崩しました。いじめが始まって体調を崩すまではそう短くなかったですねw

今度はどうしようもないだるさと激しい頭痛。正直頭痛がひどかったのでだるさは相対的にそこまででもなかったです。

脳外科の先生に心療内科の受診を勧められる

あまりにも頭痛が治らず、だるさもあることから悪い病気なのではないかと僕自身も家族も心配していました。

そしてMRIを撮りに近所の脳外科まで行ったのです。

あまり閉所は得意ではないのですが、がんばってMRIをとりました。

結果はなんともなかったのですが、痛みの原因はやはりストレスによるものだと言われました。

すると脳外科の先生から

先生
先生
ちょっと心療内科にでも行ってみればどうですか?

と、助言をいただきました。

もしかしたらという思いもあり、心療内科に行くことにしました。

心療内科へ行く

会社で半休をもらいなるべく評判のいい心療内科へいきました。

病院の中はカフェのようで過ごしやすかったです。

しょーびさーんと呼ばれいざ診察へ。

診察ではいろんなことを話しました。仕事のこと、家族のこと、ボク個人のことーー。

先生は耳を傾けてくれました。

そして病気の診断書を書いてもらい、休職をしました。

 

以上が僕が休職をした流れです。

どうやって診断書をもらったのか

休みたい旨を正直に伝えた

一番はこれです。体調が悪く仕事ができず、休みたい旨を正直に伝えました。

正直に自分の気持ちを言うのは大切ですよね。

それを伝えるとすぐに診断書を用意してくれました。

具合が悪い旨を伝えた

とにかく具合が悪く頭が回らなかったので、そこを強調して伝えました。

実際に具合が悪かったのでおそらく先生にもよく伝わったのではないでしょうかw。

まとめ

休職までの流れは

  • いじめや理不尽な配置で悩んでいた。
  • 体調を崩すことが多くなり会社を休みがちになった
  • 脳外科の先生に心療内科の受診を勧められる
  • 心療内科へ行く

であるということ。

診断書をもらった方法は

  • 休みたい旨を正直に伝えた
  • 具合が悪い旨を伝えた

ということ

いろいろと言ってきましたが、休職をするには何よりも無理をせず具合悪い旨を正直に伝えればいいと思います。

この記事が具合がわるいんだけど休職したくてもできない人たちの参考になれば幸いです。

そしてADHDは信じられないくらいうつ病になりやすい。薬も効きづらい。つまり治りづらい。

多分、ADHDだからなかなか社会に適合できずに、会社でストレスを溜めてうつ病になってしまうんだと思います。

そんな事にならないためにもADHDは一人で生きていく力が必要ですね。

だめなADHDがより良く生きていきたければ文章力を磨け。しょーびです。 最近カードキャプターさくらにハマりました。面白いですよね。さくらちゃんかわいいし。 それはさておき、私のブロ...
ちょっと自己紹介

ところでお前は何者なんだという方ちょこっとだけ自己紹介しますね

こんにちは、しょーびと申します。

本人はADHDという病気を患っており、母親はアルコール依存症です。

しょーじきむっちゃしんどかったです。死んだほうが楽なんじゃなんて考えたこともありました。

しかしあることに気づいてからはそんな事考えなくなりましたね。

詳しくはこちらの自己紹介を読んでください

しょーびの自己紹介を読んで見る

それじゃあ、ブログを楽しんでくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です