ADHD

発達障害の原因は妊娠中のあれにあるってほんとなの?

こんにちはしょーびです。梅雨でジメジメして嫌ですね。
この前トイレ掃除をしたらトイレにカビが生えていました…いやああああ…

さて、発達障害の原因は妊娠中のある行為であったということですがこれは本当なのでしょうか?

今回はそのことについて話していきたいと思います。

発達障害の原因は妊娠中にあるの?

発達障害の原因は妊娠中にあるのかということですが、実際のところ発達障害の原因は医学的にはわかっていないというのが実情です。

日本では遺伝原因説が有力となっているようです。

遺伝原因説が本当だとすれば、むしろ妊娠中にもどうしようもないということになりますが、医学的にはこれも有力な説とはなっていません。

逆に言えば、医学的には原因がわかっていないということは、どんなことが発達障害の原因になってもおかしくないということになります。

少しでも子供が発達障害になる可能性を抑えたいとするならばやらないほうがいいことはあります。今からそれを紹介していきます。

妊娠中の飲酒

妊娠中の喫煙

これらは妊娠中、お腹の子供に悪い影響を与えることは知られています。しかし、具体的にどんな悪い影響があるかは網羅的にはわかっていません。

飲酒や喫煙のせいでお腹の子供が発達障害になったとしても、なんら不思議はありません。その他にも妊娠中の飲酒・喫煙はお腹の子供に絶対悪い影響を与えます。絶対にやめましょう。

実際に妊娠中の飲酒や喫煙で発達障害になるのか。僕の母の場合

僕はADHDという発達障害です。僕の母の場合は僕を妊娠していたときに飲酒や喫煙はしていなかったようですが、私の母はアルコール依存症です。

私を妊娠する前はお酒も飲んでいましたし、タバコも吸っていたようです。それらが無関係ではないとは言えないですよね。

まとめ

発達障害の原因は妊娠中にもあるかのうせいがあり、酒や煙草はそれに拍車をかける結果になりかねないということ。

僕の母も僕を妊娠する前は酒もタバコもやっていたということ。

子供が発達障害にならないためにも、妊娠中の酒や煙草は絶対にやめましょう。

ちょっと自己紹介

ところでお前は何者なんだという方ちょこっとだけ自己紹介しますね

こんにちは、しょーびと申します。

本人はADHDという病気を患っており、母親はアルコール依存症です。

しょーじきむっちゃしんどかったです。死んだほうが楽なんじゃなんて考えたこともありました。

しかしあることに気づいてからはそんな事考えなくなりましたね。

詳しくはこちらの自己紹介を読んでください

しょーびの自己紹介を読んで見る

それじゃあ、ブログを楽しんでくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です