雑記

しょーび流勉強方法を大公開!大事なのは人に話すこと!?

しょーびです。

突然ですが皆さん勉強してますか?というか、してますよね?

「卒業して以来勉強なんてしてないよ!!」

なんていう方、そんなことないですよね?

テレビを見たり、ツイッターを見たり、ニュースを見たり・・・知識を常に仕入れ勉強しているはずです。

僕自身もうつ病で休職していても毎日勉強しています。

それも短い時間で効率よく深く定着させる方法です。

この勉強方法も投資をして手に入れた方法ですが、今回は特別に皆様にお教えしていきます。(教えてくれた人から怒られたら消しますw)

まず全体を見渡す

何かを勉強する際にまず全体を見渡しましょう。

例えばなにか本を買ったとします。

さあ、これを読むぞ!!と、意気込む前にちょっと待ってください。

まず読む前に深呼吸して、ストレッチをしましょう。

そうして肩の力が抜けたらまず目次を読み込みましょう。目次はその本の要所です。

目次を読めば本のあらましを掴むことができます。

そしたら次に本を流し読みし、なるべく短い時間で一冊読み切りましょう。理想は30分~2時間です。

「そんなんじゃ本の内容がつかめないじゃん!適当なこと言うな!」

と言われる方もいらっしゃるでしょう

しかし、今この段階での目的は全体を見渡すことです。なんとなくつかめていればいいのです。

そうして本の内容がなんとなく頭に入ったら、なんとなく要約してみましょう。

抜けていることがたくさんある事がわかると思います。

次に個別で見る

次に個別で見ましょう。森ではなく木を見る段階です。

全体がわかっているからこそどこに向かえばいいかがわかりやすく、頭にも定着します。

本でしたら1単元ごと細かくじっくり読み込んで下さい。

普通ならここで終わってしまいますが、しょーび流勉強術はこれからが本番です。

インプット4割アウトプット6割

勉強ではインプットだけではなくアウトプットも大事になってきます。

学校や塾での勉強はインプットが中心なので知識が定着しづらい割に辛いのです。

アウトプットをしないと知識や技術は定着しないのです。

練習より本番のほうが学べることが多かった経験なんてありませんか?まさしくそれがアウトプットが大事ということの証明です。

いきなりアウトプットと言われてもわからないかと思いますが、大丈夫です。具体的に何をすればいいかお教えしていきます。

おすすめアウトプット方法

人やペットにしゃべる

人に学んだことをしゃべるのはいいアウトプット方法です。喋った人はアウトプットできますし、聞いた人はインプットできます。お互いWINWINです。

話す相手がいないのならペットや壁にでもいいですw話せるようになることが大事なのです。

日記に記す

一時期僕もやっていました日記です。何も見ないで日記に学んだことをラフな感じで書くのです。

話す相手がいない壁やペットに話しかけるのは恥ずかしいという方におすすめです。

ブログやユーチューブやツイッターに残す

今の時代、これだけインターネットが発達しています。そんな中でブログやユーチューブやツイッターに残すのもいいでしょう。

僕が今やっているのがこれです。これをすれば、書けばほぼ永遠に残りますし、話すことと違い一回書いたら色んな人に見てもらえます。

さらに、その記事を読んだ人もインプットができます。僕が一番オススメする方法です。

まとめ

まず勉強をする前にすることは、全体を見渡すということ。

全体を見渡せたら、次に個別に見るということ。

インプットも大事だがアウトプットも同じくらいかそれ以上に大事だということ。

おすすめのアウトプット法は

  • 人やペットにしゃべる
  • 日記に記す
  • ブログやユーチューブやツイッターに残す

ということ。

インプットだけの勉強方法は効率が非常に悪い上に、わかったつもりになってしまう可能性があり危険です。

みなさんもアウトプット勉強法を学んで効率よくいろんなことを勉強していきましょう。

ちょっと自己紹介

ところでお前は何者なんだという方ちょこっとだけ自己紹介しますね

こんにちは、しょーびと申します。

本人はADHDという病気を患っており、母親はアルコール依存症です。

しょーじきむっちゃしんどかったです。死んだほうが楽なんじゃなんて考えたこともありました。

しかしあることに気づいてからはそんな事考えなくなりましたね。

詳しくはこちらの自己紹介を読んでください

しょーびの自己紹介を読んで見る

それじゃあ、ブログを楽しんでくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です