アルコール依存症

アルコール依存症になりやすい性格の傾向とは?

しょーびです。

前にも言いましたが僕の母はアルコール依存症です。

母がアルコール依存症になったのは、13年前、僕が小学生の時です。

酒なんて飲まなかった母が飲酒をしだし、すごく驚いたのと悲しかったのを覚えています。

それからというものの、母が飲んだら母の世話をし、病院の先生にも話を聞いたり、アルコール依存症の家族会にも出たりしていきました。

その中で、アルコール依存症になりやすい性格の傾向と言うものがあることがわかりました。

今回はアルコール依存症になりやすい性格やアルコール依存症全体についての話をしていきたいと思います。

そもそも原因っていったいなんなの?

まず、覚えていてほしいのはアルコール依存症になるのは本人の意志が弱いからではありません。

確実な原因があるのです。

その原因についてお教えしていきます。

飲みやすい環境

酒を飲みやすい環境はアルコール依存症者を生み出します。

例えば家に常に飲める酒がおいてあったり、家族に毎日晩酌をする人がいたりといったことです。

遺伝的要因

遺伝的要因もアルコール依存症に大きく関係あります。

例えば親族にアルコール依存症の方がいると自分もアルコール依存症になりやすくなります。

他にもアルコールが原因で病気になったり、アルコールが原因で死亡したり、アルコールで問題を起こしている人が親族にいても、

アルコール依存症になりやすくなります。

その他の精神疾患

アルコール依存症以外の精神疾患を持っていることもアルコール依存症になりやすくなる原因になります。

例えばうつ病やADHDを持っている人は通常よりもアルコール依存症になりやすい傾向にあるようです。

飲酒

そもそも酒を飲まなければアルコール依存症には絶対になりません。

自分が少しでもやばいなと思ったらアルコールは控えましょう。

どんな症状なの?

自分の意志で飲酒を止めることができない

アルコール依存症になると自分の意志で酒をやめることができなくなり際限なく酒を飲み続けてしまいます

母はそれを「スイッチ」と表現するのですがスイッチが切れるまで飲み続けないといられなくなってしまうようです。

こうなってしまうと最悪の場合死ぬまで飲み続けてしまいます。

僕の母も急性アルコール中毒で病院に担ぎ込まれたあとも、家に帰ったら飲んでいました。

非常に危ない行為なので絶対真似しないでください。

生活において酒が第一優先になってしまう

生活において酒を飲むことが第一優先になってしまいます。

酒を飲み過ぎため仕事に遅刻してしまうことが頻繁にあったり、食事を取らずに飲酒をしてしまったりなどです。

僕の母も、飲酒のし過ぎでパートに行けなかったことも何回もありますし、一日中酒を飲んで寝ていたため家事が一切できなかったということもしばしばあります。

どんな手段を使っても酒を手に入れようとする

どんな手段を使っても酒を手に入れようとします。

僕の母も、酒を取り上げると自殺未遂をしてしまったりだとか、僕や妹の貯金箱から金を素出して酒を買いに行ったりだとか…そんなことまでしてしまいました。

聞いた話によると、酒を得るためにコンビニやスーパーで万引きをしたり、酒を買う金を得るためにひったくりをしてしまったなんて話もあるようです。

チェックリスト

  1. 晩酌をする。
  2. 一回の飲酒時に、ワイン一本は平気で飲んでしまう
  3. 飲み始めると止まらなくなることがある。
  4. 飲酒のせいで失敗したことがある。または常軌を逸した行動をしたことがある。
  5. 二日酔いのときは迎え酒をしないといられない。
  6. 飲まなくなると後悔をしたり後ろめたい気持ちなったりする。
  7. 飲酒した昨夜の行動を思い出せないことがよくある。
  8. 身近な人や詳しい人に飲酒を控えるように言われたことがある。
  9. 飲酒のせいで約束を守れなかったことがある。
  10. 隠れて酒を飲んだことがある。
  11. 酒が切れると手が震えたり汗が出てきたりする。
  12. 酒を飲まないほうがいい生活を遅れると思う。

以上12個がチェックリストです。いくつ当てはまりましたか?

  • 0~2 安全圏です。気をつけてお酒を飲むようにして下さい。
  • 3~5 要注意圏です。早めの受診をおすすめします。
  • 6~  危険域です。早急に病院を受診してください。

アルコール依存症になりやすい傾向の性格とは?

アルコール依存症になりやすい人は以下の特徴を持っている人です

  • 完璧主義
  • プライドが高い
  • ストレスを溜め込みやすい
  • 几帳面

いわゆる「いい人」がアルコール依存症になりやすい性格だと言えます。

僕の母も周りから「いい人」と言われることが多かったようです。

僕が小学生の時もPTAの仕事も断らず一人で引受け夜中まで仕事をしていたり、仕事でも自分以外の仕事まで引き受けたりしていたみたいです。

そうやって溜め込んでしまうから結局お酒に走ってしまうのかもしれませんね。

アルコール依存症にならないための対策とは?

晩酌はしない

アルコールは依存性の化学物質です。

日常的に摂取していれば徐々に依存度は高くなっていき、やめるのも困難になります。

晩酌を続ければ遅からず必ずアルコールは依存性になってしまいます。

ですので、週に2~3日はお酒を飲まない日をつくりましょう。

適量を飲む

いくらたまにしか飲まないと入っても、お酒を大量に飲んだら意味はありません。

適量は人によっても違うようですが、だいたい日本酒1合が一回の飲酒時の適量だそうです。

少なく感じるかもしれませんが、ビールにしてみれば大ジョッキ1杯、ワインでしたらグラス3杯ほどです。

適量を守ってお酒を楽しみましょう。

嫌なことを忘れるために飲む

嫌なことをわすれるために飲むのはいけません。

嫌なことがあったら飲まないように、楽しいお酒を飲むことを心がけましょう。

嫌なときにお酒を飲むとその嫌なことを忘れてふわふわする感覚を脳が覚えてしまい、

依存症になる確率がぐっと上がってしまいます。

家族はなにをしてあげればいいの?

依存症患者に家族がやってあげられることはたくさんあります。

正しく依存症患者と向き合い、依存症患者を回復させてあげましょう。

酒を無理に取り上げない

酒を飲んでほしくない、早く良くなってほしいそんな一心で酒を取り上げ捨てることもあるでしょう。

しかし、それは依存症患者の神経を逆なでし、逆効果となってしまいます。

詳しくは過去の記事をご覧ください。

アルコール依存症者の酒を捨てるべきではない4つの理由どうも、しょーびです。 突然ですが、実は僕の母もメンタルに問題を抱えています。 診断名はアルコール依存症。昔はアルコール中毒...

暴言や暴力に訴えない

暴言や暴力だけは絶対にいけません。

相手は依存症患者である前に一人の人間です。

傷つけば痛いですし、それが原因で酒量が増えることすら考えられます。

依存症患者の尊厳を傷つけない

これも当たり前といえば当たり前ですが、どうしても頭に血が上って怒ってしまうと、

相手の尊厳を傷つけることを言ってしまいがちです。

いくらお酒を飲んでいるとはいえ相手は個人です。その個人の尊厳を傷つけてしまえば、

断酒後の互いの関係が悪くなってしまうことも考えられます。断酒後の生活をより良くするためにも個人の尊厳は大切にしましょう。

見守る

一番重要です。命や身の危険が迫っているような、いざというときにはもちろん介入すべきですが、

基本的には見守るようにしましょう。

介入しすぎてしまうと、依存症患者が状況がどれだけ悪くなっているかを把握できなくなってしまう危険性があります。

子育てと同じようにときには介入しないのも愛情です。介入は最小限にし、できるだけ見守るようにしましょう。

まとめ

アルコールは依存性の原因とは

  • 飲みやすい環境
  • 遺伝的要因
  • その他の精神疾患
  • 飲酒

であるということ。

どんな症状なのかは

  • 自分の意志で飲酒を止めることができない
  • 生活において酒が第一優先になってしまう
  • どんな手段を使っても酒を手に入れようとする

ということ。

どんな性格の人が依存症になりやすい傾向にあるのかというと

  • 完璧主義
  • プライドが高い
  • ストレスを溜め込みやすい
  • 几帳面

である、いわゆるいい人がなりやすいということ。

アルコール依存症にならないための対策とは

  • 晩酌はしない
  • 適量を飲む
  • 嫌なことを忘れるために飲む

ということ

家族がアルコール依存症者にしてあげるべきこととは

  • 酒を無理に取り上げない
  • 暴言や暴力に訴えない
  • 依存症患者の尊厳を傷つけない
  • 見守る

ということ

冒頭でも述べましたが、アルコール依存症は決して意思が弱いからと言ってなるものではありません。

ですので、もしも自分や家族、恋人がアルコール依存症になったとしても見守っていて上げましょう。

アルコール依存症者の酒を捨てるべきではない4つの理由どうも、しょーびです。 突然ですが、実は僕の母もメンタルに問題を抱えています。 診断名はアルコール依存症。昔はアルコール中毒...
ちょっと自己紹介

ところでお前は何者なんだという方ちょこっとだけ自己紹介しますね

こんにちは、しょーびと申します。

本人はADHDという病気を患っており、母親はアルコール依存症です。

しょーじきむっちゃしんどかったです。死んだほうが楽なんじゃなんて考えたこともありました。

しかしあることに気づいてからはそんな事考えなくなりましたね。

詳しくはこちらの自己紹介を読んでください

しょーびの自己紹介を読んで見る

それじゃあ、ブログを楽しんでくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です